低音の声が耳に嬉しい【梅原裕一郎】さん~大好きな男性声優さん②~

スポンサーリンク
声優さん
スポンサーリンク

このシリーズは、大好きな声優さんについて筆者目線でご紹介します。第2回目は梅原裕一郎さんです。

梅原裕一郎さんは、低音の声がとても素敵な声優さんです。高い声も時々出しますが、高い声も素敵でかわいいです。歌声もハリがあってとても素敵な声なのです。

こちらの記事では、大好きな梅原裕一郎さんについてまとめています。好きになったきっかけから、梅原さんについてや、筆者が好きな梅原さんが出演しているアニメ、参加しているユニットなどについてまとめています。

梅原裕一郎さんを好きになったきっかけはYouTube動画

筆者が梅原裕一郎さんを好きになったきっかけは、アニメではなく、顔出しのイベントでもなく、なんとYouTubeでした。

多分、他の人とはちょっと違っていると思います。なぜなら、梅原裕一郎さんはYouTubeをやっているわけではないからです。

花江夏樹さんのYouTube動画に出演していた

元々声優さんを好きになったきっかけは花江夏樹さんのYouTubeだったのですが、梅原裕一郎さんも花江さんのYouTubeに出演していたのがきっかけで知りました。

とにかくYouTube動画ではケラケラたくさん笑っていて、筆者の梅原裕一郎さんの第一印象は、『たくさん笑う人』でした。

梅原裕一郎さんを知ったのは2020年4月か5月頃です。

筆者の梅原裕一郎さんの印象は今も変わらず『よく笑う人』です。

『ひょろっと男子』というラジオを毎週やっている

花江さんのYouTubeで梅原さんのことを知った筆者ですが、その時に一緒に出演していた西山宏太朗さんのことも同時に知りました。(西山さんのことは別記事でご紹介します)

梅原裕一郎さんについて調べてみると、すぐに表示されたのは、西山さんと毎週『ひょろっと男子』というラジオをやっていることでした。

早速聴いてみると、大爆笑するほど面白くて、あっという間にラジオの虜になりました。それから今でも毎週ラジオを聴いています。一週間の楽しみの1つです。

ラジオを聞いたりアニメを見たりしているうちに、どんどん梅原裕一郎さんのことを好きになっていきました。

筆者が大好きな梅原裕一郎さんが出演しているアニメ

ここからは、筆者が大好きな梅原裕一郎さんが出演しているアニメをご紹介します。

SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)

このアニメは、今期(4月~6月)のアニメの中で一番大好きなアニメです。

主人公は榎木淳弥さん演じる麻中蓬(あさなかよもぎ)。梅原裕一郎さんが演じるのは山中暦(やまなかこよみ)。彼だけ大人で33歳。(蓬くん含めた他メンバー3人は高校生と中学生)無職のため、たまに無職先輩と呼ばれることも。

現在、11話まで放送が終わっており、6月18日が最終回。どうなるのか本当にドキドキしています。

ダイナゼノンをはじめ、梅原裕一郎さんが出演している4月~6月期のアニメについては、別記事でガッツリ語りたいと思います。

ゴブリンスレイヤー

梅原さんの代表作の1つです。主要キャストの1人、ゴブリンスレイヤーを演じています。

ゴブリンだけを殺していく通称「ゴブリンスレイヤー」。常に鎧を身に着けていて、顔も兜で全く見えないのです。感情表現といえば、兜の目の部分が赤く光るくらい。それでも、梅原さんの声はしっかり感情を表していて、特に戦うときは高ぶりが凄かったです。

ダークファンタジーでグロい部分もありますが、とても面白い作品です。劇場版も2020年に上映されました。

放送日は未定ですが、アニメの第2期も決定しています。

アクダマドライブ

筆者が大好きなアニメの1つ。梅原さんは運び屋(これが役名)を演じています。ほぼ主人公のようなもので、もう一人の主人公一般人のダブル主人公という感じ。

主人公達全員がアクダマ、いわゆる犯罪者。というとんでもない設定のオリジナルアニメですが、とにかく面白かったのです。

運び屋達アクダマとたまたま出会った一般人。流れで行動を共にし、どんどん仲間になっていきます。

梅原さん演じる運び屋は、たくさん改造されたバイクに乗り、いろいろな荷物(人含め)を運びます。とにかくなにがなんでも仕事を完遂するワーカーホリック。口数が少ないのですが、一般人と行動することが多く、だんだん言葉が増えていきます。最後の最後までカッコいいキャラクターです。

2.43松陰高校男子バレー部

これも筆者が好きなアニメの1つ。福井県を舞台にした高校の男子バレー部の物語です。福井県が舞台なので、東京に行ってしまった小野賢章さん以外、全員が福井弁で話しています。

主人公は榎木淳弥さん演じるユニこと黒羽祐仁(くろはゆに)と小野賢章さん演じるチカこと灰島公誓(はいじまきみちか)。彼ら2人の中学時代から物語は始まります。

梅原裕一郎さんが演じるのは、彼ら2人の高校の先輩青木操(あおきみさお)。部の副主将と生徒会の副会長を務める秀才ですがとにかく毒舌家。

この毒舌家という部分がとにかく面白いのです。ニコニコ笑顔で、怖いことを言うのです。しかも、笑顔から急に怖い顔になったりするのがこれまた面白い。

今だに青木先輩(主人公に感情移入するので先輩呼び)のニヤリとした顔が忘れられません。

青木先輩のキャラも面白いですが、とにかくずっとドキドキするアニメで、たまにギャグのような面白い回もあります。

2期は決まっていませんが、ぜひやってほしい!と思える作品です。

ツキプロ・ジ・アニメーション(プロアニ)

このアニメは2017年に放送され、ツキノプロダクションに所属している4つのユニットが出演するものになっています。

梅原裕一郎さんが演じるのは「SolidS」の村瀬大(むらせだい)。4人いるメンバーの中で一番年下で、不器用でまっすぐな青年です。

「SolidS」の他のメンバーは、江口拓也さん演じるリーダー篁志季(たかむらしき)、斉藤壮馬さん演じる奥井翼(おくいつばさ)、花江夏樹さん演じる世良律津花(せらりっか)の3人です。

ツキプロ・ジ・アニメーション(略してプロアニ)は、ブルーレイなどがアマゾンなどで見つけられませんでした。プロアニは、現在配信サービスU-NEXTで見ることができます。

来月(7月)からは、アニメの2期がスタートします。



美男高校地球防衛部

美男高校地球防衛部は、梅原裕一郎さんが声優デビューしてから初めて、オーディションで名前のある役に受かった作品です。

梅原裕一郎さん、西山宏太朗さん、増田俊樹さん、山本和臣さん、白井悠介さんの5人が防衛部のメンバーでした。

梅原裕一郎さんが一番後輩でしたが、当時はまだ5人共有名声優とはいえない状態でした。

現在は5人全員が人気と実力を兼ね備えた声優になっていて、5人共すごいな。とっても頑張ったんだなと筆者は思っています。

地球防衛部は何もしない部でしたが、あることがきっかけで怪人から地球を守るため5人が変身して戦うことになります。

筆者は変身シーンと変身後の衣装を初めて見たとき、正直、セーラームーンみたいで、とにかく驚きました。美男高校地球防衛部の変身シーンや変身後の衣装を初めて見る人は、私のように驚く人もいるかもしれません。

しかし!まずはアニメを見てください。筆者も実際にアニメを見たら、5人のチームワークも良く、他にも他アニメのパロディなどもあり、とても面白かったです。

梅原さんが演じたのは、高校三年生の由布院煙(ゆふいんえん)。5人とも温泉地の名前になっています。

美男高校地球防衛部はとても人気で、映画も含めて3シーズン放送されました。

このアニメで梅原裕一郎さんを含めた地球防衛部メンバー5人を知ったという人が多く、今でもファンが多い作品です。

今見ると、初々しい5人が見れて、ほっこりしてしまいます。

梅原裕一郎さんが現在参加しているユニット

ここからは梅原裕一郎さんが参加しているユニットについてご紹介します。

Beit(バイト)【アイドルマスターsideM】

2014年にスタートしたアイドル育成ゲーム【アイドルマスターsideM】のアイドルユニットです。
梅原裕一郎さんと、堀江瞬さん、高塚智人さんの3人組で、全員元アルバイト仲間です。

Beitのメンバーは、ピエール、渡辺みのり(わたなべみのり)、鷹城恭二(たかじょうきょうじ)の3人。

梅原裕一郎さんが演じるのが、鷹城恭二くん。元コンビニアルバイトです。

アイドルマスターsideMには、たくさんのユニットがいますが、Beitは、まさに王子様!といったユニットで、衣装も王子様っぽいのが多いです。

もちろん曲も良い曲ばかり!とてもおすすめです。

紅月(あかつき)【あんさんぶるスターズ!!・アニメあんさんぶるスターズ!】

2015年にスタートしたアイドル育成ゲーム【あんさんぶるスターズ!!】内のアイドルユニットです。

紅月は、蓮巳敬人(はすみけいと)、鬼龍紅郎(きりゅうくろう)、神崎颯馬(かんざきそうま)の3人組です。

梅原裕一郎さんが演じるのは、蓮巳敬人くん。

男性アイドルを育成する高校夢ノ咲学院の生徒会側のユニットで、蓮巳敬人くんは生徒会の副会長を務めました(現在は卒業しています)

紅月は、和風に特化したユニットで、衣装も和風の着物をモチーフにしたものが多いです。もちろん洋装することもあります。

曲は、ロック調、ジャズなど多種多様ですが、共通しているのは、和風の楽器、いわゆる三味線や笛などが入っていること。

ロックやジャズに日本古来の楽器が心地よく混ざっていて、とても素敵な曲ばかりです。

SolidS(ソリッズ)【ツキノプロダクション・ツキプロ・ジ・アニメーション】

架空の芸能プロダクションツキノプロダクションに所属しているアイドルユニットです。

メンバーは、リーダーの篁志季(たかむらしき)、奥井翼(おくいつばさ)、世良律津花(せらりっか)村瀬大(むらせだい)の4人です。

梅原裕一郎さんが演じるのは、一番年下の村瀬大くん。

SolidSの他メンバーは、江口拓也さん、斉藤壮馬さん、花江夏樹さん、そして梅原裕一郎さんの4人です。

SolidSはアニメ化される前に2015年にデビューし、2017年にアニメ化されました。2019年に声優さん4人が単独ライブを行い、ブルーレイ化されました。

アニメの2期が7月からスタートするので、また4人で集まるのがとても楽しみです。

HOWND ROAR(ハウンドロア)【DIG-ROCK dice】

架空の芸能プロダクション『Renown Stage』に所属しているバンドのうち1つです。
HOWND ROARは、一番最近デビューしたバンドで、まだ多くが謎に包まれています。

まとめ~知れば知るほど魅力が増える梅原裕一郎さん~


これまで、梅原裕一郎さんについてまとめてきました。梅原裕一郎さんを去年知ってから、たくさんの楽しみをもらい、元気や勇気をもらっています。

アニメを見る楽しみ、ラジオを聴く楽しみが増えました。ラジオを聴いて、大笑いすることが増えました。アニメを見て笑ったり、興奮したり、感動して泣くことも増えました。

梅原裕一郎さんは、とにかく頭がよく、賢いと感じています。はっきりいってめちゃくちゃカッコいいのに、全く飾らず、人に良くみられたがっていないこと、病気の療養を経て、自分の人生を自分らしく生きているのも、もとても好きです。

ラジオでは下ネタばかり言う人ですが、天然な部分もあり、とても面白い人だなと感じています。

このように、梅原裕一郎さんは、知れば知るほど魅力がたくさんある人です。これからも応援していきます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました